アスリートに必要なもの

整体

スポーツ整体を仕事とするには、専門的な知識や資格が必要です。多くがスポーツ選手からの転職先として考えられています。スポーツに関する体の仕組みを理解できるようになるので、一流アスリートにとっても役立つ立ち位置になれるはずです。

Read more...

仕事で活かせる

カウンセリング

独学で心理カウンセラーになるのは困難です。相手の深層心理を深く理解したカウンセリングをこなせるようになるためには、専門的な知識を講座や教材などから身につけることが大切でしょう。

Read more...

リハビリの専門職を目指す

色んな層の学生がいます

メンズ

理学療法士の専門学校は多くは3年制で、昼間部が多いですが夜間部を持つ学校もあります。高校卒業後に入学する学生のほか、社会人を経て入学する人も少なくありません。よって、理学療法士の専門学校の学生の年齢層は比較的広いといえるでしょう。3年制の専門学校であれば、1年次は基礎医学や教養について学び、2年次より専門の基礎を学び、3年次では病院等の実習も含めて更に専門的なことを学びます。就職は病院等の医療機関が多いです。病院であればリハビリテーション科や整形外科が多いです。そのほかにも通所リハビリテーション(デイケア)や訪問リハビリテーション事業所、障害者の施設などといった福祉施設でも理学療法士として勤務することもできます。

学びを効果的にするために

高校を卒業してすぐに理学療法士の専門学校へ行きたい場合は、入試に理系科目が必要であることが多いです。しかし文系の人でも理学療法士になれることも少なくありません。文系の人は、理系科目の対策をしておくといいでしょう。社会人を経て理学療法士への転職を志して専門学校へ入学したい場合は社会人入試を受けることが多いです。また、既に大学や短大等で他の学科を卒業している場合、主に教養関係の科目については既修単位を認定されることがあります。更に、入学前に通信制大学等の科目履修生などで、リハビリテーションや基礎医学などを履修しておいた場合も、入学後の履修科目が認定される場合もあります。なお、科目や単位の認定については専門学校によって対応が異なりますので問い合わせが必要ですが、もし認定されなかったとしても予習になるので学びが効果的になるでしょう。

手に職をつける

整体

東京の整体スクールを選ぶなら歴史があり性別年齢に関係なく、資格とプロの技術を手に入れることができる整体スクールがベストです。東京の整体スクールは若者から熟年世代まで、幅広い年代の生徒が学んでいます。又納得できるまで何回でも講義を受けることができます。

Read more...